「冬の名作劇場」の詳細が決まりました!!

開催概要

過去の映画祭上映作品から、人気のあったものや話題作をリバイバル上映する名作劇場。
世界エイズデーである12月1日(日)、この日にちなんだ特別なプログラムをお届けします。

■日時
2013年12月01日(日)

■会場
東京ウィメンズプラザ ホール
東京都渋谷区神宮前5-53-67

■スケジュール
10:45am- ローラがやって来た
12:30pm- あの頃、僕らは――いま語られるエイズの記憶(トークイベント有り)
14:50pm- LAに恋して

■料金
1,000円(学生 800円※) / 1プログラム
2,500円 / 3プログラム
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添の方(1名まで)及び
学生・60歳以上の方は、開催期間中の受付にてIDのご提示いただくと800円で映画を鑑賞いただけます。

■チケットの入手方法
午前10時00分から全作品の整理番号付きチケットを会場受付にて販売します。
開場時間は全プログラムとも上映開始時刻の15 分前となります。
開場時間になりましたら、整理番号順にご入場ください。

■注意点
※チケットの払い戻し、交換は承っておりません。予めご了承ください。
※前売り券の発売は行っておりません。予めご了承ください。

■車椅子をご利用のお客様へ(追記:11/22)
会場となる建物に到着しましたら、一階の入り口からエントランスに入り、
入ってすぐ右手方向にありますホール入り口前で、お客様の携帯電話等を使用して下記の電話番号にご連絡ください。
スタッフがお迎えに伺い、お座席まで誘導いたします。
映画祭当日は地下一階と、一階の間のエレベーターの使用を取りやめてさせていただいておりますので、
一階でお待ち頂けますよう、よろしくお願いいたします。
(映画祭受付電話:080-4335-7627)

 

プログラム

■ローラがやって来た                  10:45am~

写真家のローラは、彼女ケイシーとなかなかいい感じ。
ある朝、写真を職場に大至急届けて欲しいとケイシーから突然の電話が。
慌てて外に飛び出したローラは、ケイシーに写真を届けようと街を走り始めた…。
ローラが走り回るサンフランシスコの街並みも必見のラブコメディー。
ヒット映画「ラン・ローラ・ラン」のオマージュ作品!

英題:And Then Came Lola
監督名:エレン・サイドラー&メーガン・サイラー
2009│アメリカ│71min│英語
公式ウェブサイト
トレーラー

 

■あの頃、僕らは ――いま語られるエイズの記憶      12:30pm~

30 年前のサンフランシスコで、ゲイ男性の間に奇妙な病気が拡がり始めた。
原因も、感染ルートも、治療法も不明。この病気にかかった者は確実に死に向かっていく…。
当時をよく知る住民の貴重な証言と記録映像を交えながら、
エイズの到来がコミュニティに与えた衝撃を深く掘り下げる、迫真のドキュメンタリー。
ベルリン国際映画祭やサンダンス映画祭でも高く評価された本作は、観る者の心を強く揺さぶる。

英題:We Were Here
監督名:デヴィッド・ワイスマン
2011年│アメリカ│90min│英語
公式ウェブサイト
トレーラー

!上映終了後トークイベントを開催!
「あの頃、僕らは」の本編終了後に、世界エイズデーにちなんだトークイベントを開催いたします。
ゲスト:川添昌之さん(HIVと人権・情報センター(JHC)理事・東京支部事務局長)
ゲスト:橋本実佳さん(THE BODY SHOP® ザ・ボディショップ(株式会社イオンフォレスト)マーケティング本部 コミュニケーション部)
司会:石丸径一郎さん(東京大学大学院教育学研究科総合教育科学専攻専任講師)

 

■LAに恋して                      14:50pm~

映画スターを目指して LA にやって来た、若くハンサムなアダム。
親友キャンディの世話になりながらオーディションを受け続けるも、
なかなか彼にチャンスは巡って来ない。退屈なバイト生活に嫌気がさしたアダムは、
お金の誘惑に負けてゲイポルノの世界へ足を踏み入れてしまう。
そんな時、彼は有名スターと出会い、瞬く間に恋に落ちるが…。
『ハッテン☆サマー』のキャスパー・アンドレアス監督が描く、映画業界の夢と現実!

英題:Going Down in LA-LA LAND
監督名:キャスパー・アンドレアス
2011│アメリカ│107min│英語
公式ウェブサイト
トレーラー